研究経緯のページへ

 
シミング リー 博士

柑橘果皮 エキス研究 薬・食学会発表 植物の研究 その他の研究
   
柑橘果皮エキス研究   出典文献
3′,4′ジメチルノビレチンはフェーズ2の解毒遺伝子の発現を誘導しPC12細胞においてPI3K/Aktのシグナルを調節する。



  Free Radical Biology & Medicine, 2012, 52, 126–141
抗炎症作用の研究における天然物が持つ特性の重要性



  Molecular Nutrition & Food Research, 2011, 55, 74-82.
柑橘フラボノイド、5-ジメチルノビレチン、はTHP-細胞におけるスカベンジャー受容体(抗原)の発現を抑制し、HepG2肝細胞において脂肪の恒常性を調節する。



  Molecular Nutrition & Food Research, 2011, 55, 733-748.
5ヒドロキシポリメトキシフラボンによる, 大腸癌細胞増殖のp53-、Bax- 及び p21(癌抑制因子)依存的抑制



  Molecular Nutrition & Food Research, 2011, 55, 613-622
5-ヒドロキシ-3,6,7,8,3',4'-ヘクサメトキシフラボンによるヒト大腸癌細胞の抑制作用


  Molecular Nutrition & Food Research, 2011, 55, 1523-1532.
アゾキシメタン投与マウスを用いたヒドロキシル化ポリメトキシフラボン含有飼料による大腸発癌の化学的予防



  Molecular Nutrition & Food Research, 2011, 55, 278-290.
HPLCによるヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの定量分析


  Biomedical Chromatography, 2010, 24, 838-845.



柑橘果皮中の主な6種類のポリメトキシフラボンと6種類の5-ヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの定量分析



  The Royal Society of Chemistry, Cambridge, UK, 2010, pp 331-337.
電気化学反応測定搭載逆相HPLCによる4種類の5Hポリメトキシフラボンの同時測定



  Journal of Chromatography A, 2010, 1217, 642-647.
ノビレチン代謝産物である3′,4′ジヒドロキシ-5,6,7,8-テトラメトキシフラボンは、THP-1 細胞においてLDL酸化を阻止し、スカベンジャー受容体(抗原)の発現及び働きを減少させる。



  Biochimica et Biophysica Acta, Molecular and Cell Biology of Lipids, 2010, 1801, 114–126.
大腸癌細胞に対する5ヒドロキシルポリメトキシフラボンの抑制作用



  Molecular Nutrition & Food Research, 2010, 54, S244-S252.
ポリメトキシフラボンとヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの化学と健康への影響


  Journal of Functional Food, 2009, 1 (1), 2-12.



ポリメトキシフラボンは脂肪細胞におけるCa2+依存アポトーシスターゲットを活性化する。


  Journal of Agricultural and Food Chemistry, 2009, 57(13), 5771-5776.



スイートオレンジ果皮由来モノジメチル化ポリメトキシフラボンは、アポトーシスによってヒト肺がん細胞の増殖を阻止する。


  Molecular Nutrition & Food Research, 2009, 53, 398-406.



柑橘果皮由来ポリメトキシフラボノイドの生物学的活性、代謝、及びその分離。


  Tree and Forestry Science and Biotechnology, 2008, 2 (Special Issue 1), 36-51.



ポリメトキシフラボンの生理学的利用能(一定量の薬の生理学的効果・全身循環血中に到達した薬物の量及び全身循環血中に現れる速度)


  Dietary Supplements, ACS Symposium Series, 2008, 987, 233-245. Edited by Ho, C.-T.; Shahidi, F.; Shao, Y.; Simon, J.E.



ポリメトキシフラボン:補助食品における代謝産物の同定及び代謝経路。


  ACS Symposium Series, 2008, 987, 216-232. Edited by Ho, C.-T.; Shahidi, F.; Shao, Y.; Simon, J.E.



キラルHPLCとSFCを応用したポリメトキシフラボンの単離とその代謝産物の同定。


  ACS Symposium Series, 2008, 987, 211-215. Dietary Supplements, Edited by Ho, C.-T.; Shahidi, F.; Shao, Y.; Simon, J.E.



オレンジ果皮由来ポリメトキシフラボン:化学、生物活性、及び有用性。


  ACS Symposium Series, 2008, 987.191-210. Dietary Supplements Edited by Ho, C.-T.; Shahidi, F.; Shao, Y.; Simon, J.E.



柑橘果皮エキス中のポリメトキシフラボンの定量分析の為の逆相LC方法の検証。


  Journal of Separation Science, 2008, 31(1), 30-37.



ノビレチン由来の新しい尿中代謝産物である3',4'-ディジメチルノビレチンの抗炎症と抗腫瘍促進作用。



  Carcinogenesis, 2008, 29(12), 2415-2424.
マウスにおけるノビレチンの尿中代謝産物の抗炎症特性。



  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letter, 2007, 17(18), 5177-5181.
HL-60(ヒト白血病細胞株)の抑制因子としてのポリメトキシフラボン及びヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの単離と合成.


  Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2007, 15(10), 3381-3389.
オレンジ果皮エキス由来のポリメトキシフラボンの単離におけるSFCによる効率的計測法。


  Journal of Chromatography, B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences 2007, 846(1-2), 291-297.



乳癌細胞におけるオレンジ果皮エキス中のポリメトキシフラボン分画のアポトーシス誘導作用。


  Molecular Nutrition & Food Research, 2007, 51, 1478-1484.
ヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの組成。


  United States patent, US20070275106, PCT Int. Appl. 2007, WO 2007109071 A2.
ヒト白血病細胞において5Hヒドロキシ-3,6,7,8,3',4'-ヘクサメトキシフラボンは活性酸素(ROS)産生、増殖阻止、DNA傷害誘導遺伝子153発現阻止、カスパーゼ(アポトーシスにかかわる酵素)活性化によりアポトーシスを誘導する。



  Journal of Agricultural and Food Chemistry, 2007, 55, 5081-5091.
マウスにおいて12-O-テトラデカノイルフォーボル 13-アセテートにより誘導された皮膚の炎症および腫瘍促進に対する柑橘の5-ヒドロキシ-3,6,7,8,3',4'-ヘクサメトキシフラボンの阻止作用。



  Carcinogenesis2007, 28, 2581-2588.
THP-1ヒト単球細胞においてフォルボルエステルにより誘導され発現するスカベンジャー遺伝子に対するノビレチンのジメチル化代謝産物の抑制作用。


  BioFactors, 2007, 31(2), 107-116.
マウス尿中のノビレチン代謝産物の同定。



  Molecular Nutrition & Food Research, 2006, 50, 291-299.
キラル及び非キラル支持体を用いたノビレチンの尿中代謝産物の分離の為のSFC(臨界値を超えた液体クロマトグラフ)とLC(液体クロマトグラフ)の比較。



  Biomedical Chromatography, 2006, 20, 1206-1215.
乳癌細胞においてポリメトキシル化フラボンは、Ca2+を介したアポトーシスを誘導する。



  Life Sciences, 2006, 80, 245–253.
スイートオレンジ果皮中のヒドロキシル化ポリメトキシフラボノイドとメチル化ポリフェノール。



  Journal of Agricultural and Food Chemistry, 2006, 54(12), 4176-4185.
スイートオレンジ果皮エキス中のノビレチンの効果的な大量分離法。

  Biomedical Chromatography, 2006, 20, 133-138.


リー博士のTOPに




 
プレゼンテーション   出典文献
柑橘由来ファイトケミカルによる前立腺癌の効果的治療法。

  Abstracts of Papers, The 5th World Cancer Congress 2012, Beijing, China, May 18-20, 2012, CR4303.

動物実験における柑橘果皮由来ポリメトキシフラボンによる抗腫瘍作用。

  Abstracts of Papers, The 5th World Cancer Congress 2012, Beijing, China, May 18-20, 2012, CP0503.

柑橘フルーツ中のポリメトキシフラボンとモノジメチル化ポリメトキシフラボンの同定とそれらのチロシナーゼ阻止作用。

  Abstracts of Papers, 241st ACS National Meeting,
Anaheim, CA, United States, March 27-31, AGFD-75.

商業用柑橘果皮商品の健康促進使用法及び成分分析。

  Abstracts of Papers, PacifiChem 2010, Honolulu, Hawaii, United States, Dec. 15-20, 2010.

柑橘果皮中のポリメトキシフラボノイドとヒドロキシル化ポリメトキシフラボノイド及びそれらの健康に有益的な性質の潜在力。

  Abstracts of Papers, PacifiChem 2010, Honolulu, Hawaii, United States, Dec. 15-20, 2010.
医薬的柑橘商品の解析。

  Abstracts of Papers, 240th ACS National Meeting, Boston, MA, United States, Aug. 22-26, 2010, MEDI-238.

新しい癌予防剤としてのオレンジ果皮由来ヒドロキシル化ポリメトキシフラボン。   Abstracts of Papers, 240th ACS National Meeting, Boston, MA, United States, Aug. 22-26, 2010, AGFD-53.

柑橘におけるヒドロキシル化ポリメトキシフラボン形成の自然のプロセスへの理解。

  Abstracts of Papers, 238th ACS National Meeting, Washington, DC, United States, Aug 16 -20, 2009, AGFD-064.

ポリメトキシフラボンとヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの効率的分離の比較。

  Abstracts of Papers, 236th ACS National Meeting, Philadelphia, PA, United States, Aug 17 -21, 2008, AGFD-252.

ヒドロキシル化ポリメトキシフラボンの由来と生物活性。

  Abstracts of Papers, 234th ACS National Meeting, Boston, MA, United States, Aug. 19-23, 2007. AGFD-234.

柑橘加工副産物由来生物活性を有するヒドロキシル化ポリメトキシフラボン。

  Abstracts of Papers, 232nd ACS National Meeting, San Francisco, CA, United States, Sept 10-14, 2006. AGFD-058.

ポリメトキシフラボンの生物学的利用能及び代謝の研究。

  Abstracts of Papers, 230th ACS National Meeting, Washington, DC, United States, Aug. 28- Sept.1, 2005. AGFD-128

ノビレチンの尿中代謝産物の分離の為のキラルSFクロマト及び液体クロマトの比較。

  Abstracts of Papers, 230th ACS National Meeting, Washington, DC, United States, Aug. 28- Sept.1, 2005. ANYL-226.

スイートオレンジ果皮中のポリメトキシフラボン:単離及び生体における変化の研究。

  Abstracts of Papers, 229th ACS National Meeting, San Diego, CA, United States, March 13-17, 2005. AGFD-028.

スイートオレンジ果皮中のポリメトキシフラボンの単離及び生物活性。

  Abstracts of Papers, 229th ACS National Meeting, San Diego, CA, United States, March 13-17, 2005. AGFD-085.

スイートオレンジ果皮中のノビレチンの効率的、大量単離。

  Abstracts of Papers, 229th ACS National Meeting, San Diego, CA, United States, March

ノビレチン:生体における変化及び代謝産物特定の研究。
  Abstracts of Papers, 229th ACS National Meeting, San Diego, CA, United States, March 13-17, 2005, AGFD-105.


リー博士のTOPに



     
自然物に対する研究    出典文献
緑茶ポリフェノールの代謝、生物学的利用能、及び安全性。

  In Green Tea Polyphenols, Edited by MP. Kapoor, LR. Juneja, Okubo and Rao, Taylor & Francis Group, Boca Raton, Florida. 2011, in press.
天然物の抗炎症作用評価の重要性。

  Molecular Nutrition & Food Research, 2011, 55, 74-82.
2-フェニルオキサゾールのジアシルグリセロールアチルトランスフェラーゼ1抑制因子としての発見と最適化。

  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2011, 21(23), 7205-7209.
肥満と糖尿治療潜在能におけるジアシルグリセロール アシルトランスフェラーゼ-1抑制因子として可能性を持つ2-フェニル-5-トリフルオロメチルオキサゾール-4-カルボキサミドの経口で活性を示すカルボン酸誘導体の発見。

  Journal of Medicinal Chemistry, 2011, 54(7), 2433-2446.
肥満、2型糖尿病と代謝症候群の治療に有効なジアシルグリセロール アシルトランスフェラーゼの抑制因子としてのオキサゾールジカルボキサミド製剤。

  U.S. Pat. Appl. Publ., 2010, US 20100190979 A1 20100729.
ジアシルグリセロール アシルトランスフェラーゼ抑制因子としてのオキサゾールカルボキサミド及び関連化合物の製剤。

  U.S. Pat. Appl. Publ. 2009, US 20090076275 A1 20090319.
茶フラビンを大量に含む茶エキスのプロセス。

  PCT Int. Appl. 2009, WO2009014758A1.
高含有量フルクトースコーンシロップを含む炭酸飲料水中の反応性ジカルボニル化合物と5-(ヒドロキシメチル)-2-フルフラル。

  Food Chemistry, 2008, 107, 1099–1105.
ノニフルーツ中の抗炎症成分。

  ACS Symposium Series, No. 987, American Chemical Society: Washington, DC, 2008, 987, 179-190, Dietary Supplements Edited by Ho, C.-T.; Shahidi, F.; Shao, Y.; Simon, J.E.
ヒト白血病HL60細胞において活性酸素産生、チトクロムC分泌、カスパーゼ活性化によるアセチル化紅茶ポリフェノールによるアポトーシスの誘導。

  ACS Symposium Series, 2008, 993(Functional Food and Health), 345-361
ジアシルグリセロール アシルトランスフェラーゼ抑制因子としてのオキサゾールジカルボキサミド及び肥満、糖尿2型、代謝症候群治療のための調剤、製薬組成。

  PCT Int. Appl. 2007, WO 2007060140 A2 20070531.
TPT1B抑制因子としてのピリドピリミジン、4-ジアミン誘導体の製剤。


  Full Text.PCT Int. Appl. 2007, WO 2007009911 A1 20070125.
生理的状態の模擬実験での茶ポリフェノールによる活性炭素種反応の封じ込め。

  Molecular Nutrition & Food Research, 2006, 50, 1118-1128.
生理学的pHにおけるハーブ中の生物活性ポリフェノール成分の安定性と変化 。

  Herbs: Challenges in Chemistry and Biology, Edited by M. Wang; S. Sang; L. Sun; C-T. Ho.
ACS Symposium Series, No. 925, American Chemical Society: Washington, DC, 2006 240-253.
ヤクシソウIxeris denticulataの化学成分の特性。

  In Herbs: Challenges in Chemistry and Biology, Edited by M. Wang; S. Sang; L. Sun; C-T. Ho. ACS Symposium Series, No. 925, American Chemical Society: Washington, DC, 2006, 195-211.
お茶ポリフェノール・テアフラビンの安定性及び主なラジカル反応産物としてのお茶ナフトキノリンの特定。
  Journal of Agricultural and Food Chemistry. 2005, 53, 6146-6150.
3つの成分でスティルカップリング反応を用いたジアリールケトンの固相合成。
  Tetrahedron Letters 2001, 42(2), 175-177.


リー博士のTOPに



     
その他の化学発表   出典文献
茶成分、生物学的作用及び商品開発。

  Food Ingredient Conference, Shanghai, China, March 2011.
KK CgAy/j type 2マウスモデルを使ったポリゴナムマルチフローラム由来スチルベングリコシド低血糖症作用及びそのメカニズム。

  Abstracts of Papers, 242nd ACS National Meeting & Exposition, Denver, CO, United States, August 28-September 1, 2011, AGFD-132
市場の茶飲料水中の栄養成分の内容。

  Abstracts of Papers, 240th ACS National Meeting, Boston, MA, United States, Aug. 22-26, 2010, AGFD-17.
アミノキナゾリン:新しい、高い選択性を有するタンパク質チロシンフォスファターゼ1B抑制因子。

  Abstracts of Papers, 239th ACS National Meeting, San Francisco, CA, United States, March 21-25, 2010, MEDI-180 
黒子性色素によるメイラード反応(褐色反応)に誘導された生理活性化合物であるメチルグリオキサルの封じ込め。

  Abstracts of Papers, 239th ACS National Meeting, San Francisco, CA, United States, March 21-25, 2010, AGFD-83.
メイラード反応でメチルグリオキサルと他のカルボニル化合物を封じるポリフェノール化合物の使用法。

  Abstracts of Papers, 238th ACS National Meeting, Washington, DC, United States, Aug 16 -20, 2009, AGFD-094. 
肥満治療におけるオキサゾールを基にしたジアシルグリセロール アシルトランスフェラーゼ1抑制因子の発見と最適化。

  Abstracts of Papers, 237th ACS National Meeting, Salt Lake City, UT, United States, March 22-26, 2009, MEDI-256.
紅茶ベンゾトロポロン化合物の抗炎症作用。

  Abstracts of Papers, 236th ACS National Meeting, Philadelphia, PA, United States, August 17-21, 2008, AGFD-255.
反応性カルボニル種と茶成分:フルクトースコーンシロップに含まれる飲料水中のジカルボニル化合物と5-(ヒドロキシメチル)-2-フルフラル。

  Abstracts of Papers, 234th ACS National Meeting, Boston, MA, United States, August 19-23, 2007, AGFD-232.
PEPCK(ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ)(遺伝子)抑制因子の合成における還元的アミノ化反応の副産物の単離と特質。

  Abstracts of Papers, 233rd ACS National Meeting, Chicago, IL, United States, Mar. 25-29, 2007. ORGN-483.
カルボニル ストレス:ファイトポリフェノールによる反応性カルボニル類とそれらの捕捉。

  Abstracts of Papers, 232nd ACS National Meeting, San Francisco, CA, United States, Sept 10-14, 2006. AGFD-041.
生理的pH値におけるハーブ中の活性ポリフェノール成分の安定性。

  Abstracts of Papers, 227th ACS National Meeting, Anaheim, CA, United States, March 28-April 1, 2004, AGFD-147.
スティルカップリング反応によるジアリールケトンの固相合成。
  Abstracts of Papers, 220th ACS National Meeting, Washington, DC, United States, August 20-24, 2000 (2000), ORGN-230.



リー博士のTOPに

to the history page